借りやすい消費者金融比較
1月
19.
コメントは受け付けていません。
Category: 消費者金融 借りやすい

目を閉じれば思い浮かびハミングしていたら白い目で見られる。テレビで良く見かける消費者金融のコマーシャルはどこか覚えやすく、お店の看板やロゴを見たりするだけで誰でも歌えてしまう程の馴染みやすさを持っています。

それは誰でも借りやすいよう気軽に足が向くよう、各消費者金融が手塩にかけて作り上げた企業努力の象徴とも言えます。では実際にどのようなCMが人気なのか調べてみることにしましょう。


○何故か混ざりたくない男臭い消費者金融CM○

何のことを言っているかすぐにお分かりになられると思いますが、ラグビー部のむさ苦しい男性方と女優のコラボレーションで、力強さと責任感と爽やかな青春を描き出したアコムのCMです。
音楽は鈴木崇さんというシンガーソングライターの方が作り上げており、キャッチーな音楽と「はじめての、アコム」と脳裏に焼き付くようなフレーズが魅力です。店頭でもしっかり流しているため、お店に入った途端にアコムの世界に引きずり込まれます。ここまで世界を構築出来るというのはとても素晴らしいことです。オリジナリティを全面に打ち出し借りやすい商品と共に長期間アコムブランドを守っているからこそ、ここなら契約したい!と思えるのですね。


○美味しそうな名前だけどやっぱり混ざりたくないバンドマンCM○

ストーリー仕立てになっているバンド養成コマーシャルと言えば、プロミスのテレビコマーシャルです。可愛い女優とイケメン俳優の間に売れないバンドマンが参戦して色々問題定義しつつデビューしていくという、見る人を飽きさせない構成で人気です。
時期によってストーリーが変化していくので、ショートドラマを追いかけているような気にさせてくれます。「いもようかん」と名前を付けられたバンドの二人が今後どのように活躍するのかがとても楽しみなコマーシャルです。

どのCMもとても独特で一度見たらある日突然頭の中でリピートしだすような曲と楽しいストーリー性を持ち合わせており、消費者金融も取っ付きやすいものなのだと考えさせてくれます。食わず嫌いや人の噂を信じやすい方は何かと他人のイメージに引っ張られがちで、見ても聞いてもいないのに消費者金融は悪いものだと考えてしまいさぞ悪いことでもしているのだろうという黒いイメージを持つことが多々あります。そのような先入観ばかりを持って生活をしていると、本当に自分にとって必要な情報を見落とすことになりかねません。
消費者金融だからとコマーシャルを毛嫌いせず、その会社の心意気と努力の結晶を一度見てみてください。お金で困った時にそう言えばあんなCMあったなと思い出すことで危機を回避することが出来るかもしれません。食わず嫌いは治して何でも受け入れられる器を鍛えあげましょう。



Copyright © 2012 借りやすい消費者金融比較. All Rights Reserved.